履歴   ログイン
虎のヤジリバ

【シーズンに間に合うか?】メッセンジャーOP戦3回4失点

「オープン戦、阪神-中日」(9日、甲子園球場)

 右肩のコンディション不良から復帰したメッセンジャーが、先発で3イニング、41球を投げて6安打4失点で降板した。初回に5本の長短打を集中され、いきなり4点を失ったが、二回以降はきっちり修正して復帰登板を終えた。

 「打者相手に投げることを確認したかった。初回は投げたかったコースより真ん中に集まってしまったが、2イニング目以降は順調に投げることができたと思うよ」

 初回、先頭の京田を二飛に抑えたが、アルモンテに中前打を浴びると、続く大島には1ストライクから2球目、高めに浮いたフォークを狙われた。右中間を破る二塁打で二、三塁。さらにビシエドに初球を中前に運ばれ、7球で2点の先制を許した。

 続く福田にも初球を左中間に運ばれると、モヤの投ゴロを挟んで高橋にも左前適時打を浴びた。2月21日の韓国KIA戦で1イニングを投げて以来、久々の実戦マウンド。この日は、打者相手に投げる感覚を養うことが主目的で、早いカウントでストライクを取りにいった球を狙われた形だ。

 だが、二回は先頭の亀沢に三遊間を破られたが、変化球を中心に後続を3人で斬った。続く三回はこの日最速の147キロを計測。直球とカーブ、スライダー、フォークと変化球のコンビネーションで、3番・大島からの中軸を3人で打ち取った。

 既に3・30開幕戦の登板が確実なエース。シーズンを前に残り2度の実戦登板を挟む予定で「開幕に照準を合わせられるようにしたい。次は問題ない」と前を向いた。

1
怪我あがりで無視してなければいいが、、、
通報
せやねん7 ちゃうねん7
2018/03/09 15:18
送信
残り500文字
下へ
下へ